ペットと一緒に使いたい!ペットとの共同利用を想定したローソファーの選び方


ペットの粗相による汚れや傷対策

ローソファーは自宅で飼っている犬や猫と一緒にソファーでくつろぎたいと考える人に人気があります。ペットと共にソファーを使う場合に気を付けなくてはいけないのが素材選びです。一口にローソファーと言っても商品ごとに使われている素材は異なります。定番の布を使ったローソファーはインテリアとの組み合わせがしやすい反面、汚れが落ちにくいというデメリットがあります。粗相で尿が付いてしまう、爪を研いでボロボロになってしまうなどのトラブルが起きた時に買い替える羽目になりかねません。ペットとの共同利用では汚れが落としやすく傷にも強い革製品を選ぶことが基本です。ただし、布に比べて選択肢が狭まってしまうこともあります。

乗り降りに影響する座面の高さ

ペットとの共同利用でローソファーを購入する時は座面の高さも重要なポイントです。ローソファーは大きく分けて座面が床に密着している物と通常のソファーより少し低めの2種類あります。座面が高い位置にあると小型のペットは自力で乗り降りをするのが難しくなるので注意が必要です。特に高い所から降りることを得意としていない犬は自分の体以上の場所から飛び降りると足を痛めてしまうこともあります。人間を基準に考えた場合、座面の位置が低くなるほど座った時の腰への負担が大きくなります。ローソファーを購入する時は自分とペットの体への負担を考慮して決めることが基本です。

購入価格と耐久性の比較

手頃な価格で購入できるタイプが増えているとはいえ、サイズによってはそれなりの金額になります。人間の立居とペットの乗り降りで座面に倍の負担が掛かるので金額と耐久性を比較することも忘れてはいけません。

ローソファーは床との距離が近いため転落する恐れがありません。そのため、小さい子供やペットがいても安心して使用できます。一方、座る時や立ち上がりでは足腰に負担がかかりやすいので注意しましょう。